チェンジ・キャンセルの仕方|回春・性感マッサージの遊び方まとめ

回春・性感マッサージで嬢をチェンジしたい時、予約をキャンセルしたい時の方法などを解説しています。

回春・性感マッサージまとめサイトマップ

回春・性感マッサージのチェンジとキャンセル

派遣型のマッサージ系風俗に限ったサービスでチェンジがあります。
フリーで呼んだ場合に好みの嬢じゃない場合に別の嬢に変更してもらうことのできるサービスです。写真指名や本指名で呼んだ場合にはチェンジは出来ません。チェンジが出来るのはあくまでもフリーで呼んだ場合のみです。

チェンジをするとなるとせっかく来た嬢を返して、次の嬢が来るまでは待機となります。時間も掛かるし、次に来る嬢が確実にイケるかは分からないし…と悩んだ時にはその場でキャンセルをすることも出来ます。
ただし当日キャンセルは料金が発生する場合もあるので注意が必要です。

キャンセルの場合は前日までは無料やチェンジの場合は2回までは無料など様々なルールがあります。
店によってチェンジやキャンセルにかかる料金、ルールが違うので事前にしっかりとチェックしておきましょう。特にフリーで遊ぶ場合は必須です。

嬢をチェンジする時に

嬢をチェンジする時には部屋に入れる前、プレイを始める前にチェンジの連絡をします。部屋に入れるまではセーフですが少しでもプレイが始まってしまうとチェンジは出来ません。

チェンジの連絡の時にもっとこういう嬢が良いという希望を伝えます。
可能ならば店のホームページを見ながらの連絡がおすすめです。 提案された嬢をすぐにチェック出来るので、印象が違うなと思ったら別の嬢をお願いすることも出来ます。

店によってはリアルタイム出勤表でその時呼べる嬢が分かるシステムのところもあるので、見ながらチェックしながらより好みに近い嬢を選ぶことが出来るのではないでしょうか。

面倒なチェンジをしない為に

チェンジの時は店への連絡はもちろん、嬢にも直接チェンジ希望であることを伝えなければいけません。
体験したことのある人は分かると思いますが、これがとても気まずい。
見た目であなたは無しですと判断しているので、嬢にとっては否定されたと傷付いてしまうこともあります。 サービス業なのだからと割り切れるのは極一部でしょう。

傷付けないように断るのも店への連絡も、次の嬢を待つ時間も…正直チェンジは面倒臭いものです。
しかも色々と手間と気遣いをしたにも関わらずチェンジした嬢も好みじゃなかったなんてことはざらです。 出来るだけチェンジをせずに済む嬢選びをするのが得策です。

まずは言えるのはフリーではなく指名をすること。写真の雰囲気、スタイル、可能プレイ内容などから条件に当てはまる嬢を指名する方がハズレは少なくなると思います。

どうしてもフリーで呼びたいというギャンブラーは、容姿よりもプレイ内容に絞ると満足度が高くなりやすいです。
またあれもこれもとたくさんの条件を出すよりはこういうプレイが出来る子!と3つくらいに条件を絞る方が良いと思います。