店舗型と派遣型の選び方|回春・性感マッサージの選び方まとめ

店舗型の特徴、派遣型の特徴、2つのマッサージ系風俗の使い分け方などを解説しています。

回春・性感マッサージまとめサイトマップ

店舗型の特徴

店舗型の回春マッサージや性感マッサージはマッサージ付きのヘルスみたいなものと考えて間違いありません。多くは風俗街の雑居ビルの中にあります。 エステやマッサージと書いてあるので見つけやすいです。

完全な個室がある店は少なく、パーテーションやカーテンなどで仕切られています。部屋は薄暗く、隣が過度に気になるということはありません。

マッサージサービスの前にシャワーに入りますが、嬢が一緒に入る店、一人で入る店と両方あります。一緒に入る場合も嬢は下着姿など着衣であることが多いです。裸でというのはあまりありません。

店舗型の良いところは何と言ってもホテル代がかからないこと。ラブホなどは安いと言っても何度か使うとバカにならないですからね。
マッサージではオイルなどを使うので、普通のベッドではベタベタになってしまったりと気を使ってしまいます。店舗型の場合は後片付けなどを気にする必要がないのも良いですね。

近くにスタッフがいることで嬢もきちんとサービスをしようという意識があるような気がします。それにマッサージが上手い嬢は店舗型に多いようにも感じます。これはあくまで個人的な感想ではありますが。

派遣型の特徴

派遣型の回春マッサージや性感マッサージは決まった店舗はありません。蕎麦屋のように店内でも出前でもOKというわけではありません。マッサージ付きのデリヘルと考えると理解しやすいでしょう。
店舗がないので探す時はもっぱらインターネットが頼りとなります。派遣型はほぼ100%店のHPを持っていますので、それを探しましょう。

派遣型の場合は先にシャワーに入っている様に促される場合もあります。嬢が来たらすぐにマッサージサービス出来るようにとの配慮でしょう。 余分な時間を省略出来るので、たっぷりマッサージを楽しみたい場合には良い方法だと思います。
嬢とのシャワータイムを楽しみたいのであれば別ですが。

派遣型は完全に個室になっているので、隣の物音などを一切気にせず楽しめます。
店舗型は仕切りはありますが、やはり出入りする音や衣擦れの音などは聞こえてきます。ゴソゴソとした音が気になって集中出来ないという人は派遣型がお勧めです。

サービスが終わった後はそのまま朝まで眠ることも出来ます。マッサージの後は疲れが出るものです。更に回春や性感サービスで心地よい疲労感に包まれていることでしょう。 そのまま朝までぐっすり…という贅沢を味わうことが出来ます。

店舗型と派遣型、結局どっちが良いのか

じゃあ店舗型と派遣型どっちを選ぶのが良いのか?
とにかく安くコスパの良い方法で遊びたいのなら店舗型の早朝のサービスタイムが最も安いと思います。大体9時〜10時くらいですね。 店舗型は朝・昼・夜でそれぞれ料金が変わる店が多く、朝の時間帯が最も安く設定されています。その次が昼で夜になると通常の料金となります。
夜の方が嬢も多く出勤しているので選択肢が広がります。好みの嬢、テクニックのある嬢など細かく条件を付けて選びたいなら夜ですね。

一日の仕事が終わって家に帰り飯を食って一息ついてムラムラ来た場合には派遣型が便利です。風俗街まで行く手間が省けますし、料金も店舗型とほぼ変わらない時間帯です。

店舗型にも派遣型にもどちらもメリット・デメリットはあります。どういう風に遊びたいのか、何を重視するのかで臨機応変に使う店を選ぶのが一番賢い遊び方ですね。